サプリが秘める驚異的なパワー|関節痛の痛みを和らげてくれる

レディ

血圧を下げる成分

サプリメント

EPAやポリフェノール

高血圧の原因は、血液が脂質によってドロドロとした状態になり、流れにくくなることにあります。血液が流れなければ、その先にある組織に、栄養分も酸素も運ばれなくなります。これを回避するために体は、ドロドロとした血液を強く押し出そうとするのですが、その強い力が加わった状態が高血圧なのです。高血圧の状態が続くと、血管が内側からの圧力によって破裂することがあります。破裂する場所によっては命を失うこともあるので、それを回避するために、多くの人が血圧を下げる成分で作られたサプリを飲んでいます。具体的には血圧は、血中の脂質を減らすEPAや、脂質を血液中に留まらせることを防ぐポリフェノールなどのサプリを飲むことで、下がりやすくなります。

飲食での摂取が困難な場合

EPAは、青魚の身からにじみ出てくる脂に含まれているので、青魚を脂ごと食べれば摂取できます。しかし青魚を塩や醤油などで味付けして食べると、それらに含まれているナトリウムによって、かえって血圧が高くなる可能性があります。とはいえ味付けをしなければ食べにくいという人も多く、そのため高血圧対策には、EPAのみを摂取できるサプリがよく利用されているのです。またポリフェノールはブドウの皮に多く含まれているので、ブドウの皮を食べたり、それを使って作られている赤ワインを飲んだりすることで摂取できます。しかしブドウの皮は本来は食用ではありませんし、赤ワインの場合はアルコールが苦手な人は飲むことができません。そのためやはり、ポリフェノールもサプリで摂取されることが多いのです。